Bon Vue(ボンビュー)青森県弘前市で津軽富士と美味を楽しむ!アクセスは?【人生の楽園】

Pocket

スポンサーリンク


2017年6月24日(土)18:00放送の人生の楽園で青森県弘前市にあるフランス料理とイタリアンを融合させた料理を提供しているクッキングスタジオBonVue(ボンビュー)が紹介されます。

このレストランは齊藤博紀(さいとう ひろき)さんと妙子さんで営業しており、地元産の食材にこだわっています。

レストランからは、津軽富士と呼ばれる雄大な岩木山が一望でき、その景色をみながら美味を楽しめます。このレストランは別名岩木山が見えるレストランとも呼ばれています。

出典:https://goo.gl/images/AdmYvX
今回はそんなレストランを開業した齊藤博樹さんのプロフィールと清水森ナンバ、ボンビューのアクセスについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

齊藤博樹さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/ypNGwn
齊藤博樹さんは青森県弘前市出身で、高校卒業後は電気製品の販売店に勤務していました。その会社を8年勤めたあと、建築会社の営業に変わり、30年間務めていました。

妻の妙子さんとは、中学の時の同級生で学生時代から付き合い、27歳の時に結婚し、子供も2人と恵まれています。

ボンビュー(Bon Vue)をするきっかけは?

齊藤博樹さんは、食べ歩きが好きでした。そのことが齊藤さんが料理をつくるきっかけになり、料理にのめり込み家族や友人に料理を振舞っていたそうです。

それを続けていくうちに次第に「レストランをやりたい」という気持ちになり、退職後の2016年12月11日に「クッキングスタジオBon Vue(ボンビュー)」をオープンしています。

スポンサーリンク

クッキングスタジオBon Vue(ボンビュー)に店名をした理由は?


出典:https://goo.gl/images/SZcDGZ
食べ歩きをしている中で、満足する料理を自分でつくりたいと思った齊藤博樹さんは、調理師免許も持っており、料理のジャンルにこだわらす、フレンチとイタリアンを融合した創作料理をつくっています。店の名前の「Bon Vue」はフランス語を元にした造語でいい景色という意味でつけられています。

その名の通り、そのレストランから雄大な津軽富士の絶景を楽しみ、絶品の料理の両方を楽しめるとのこと。

出典:https://goo.gl/images/tJFknr

清水森ナンバ


今回人生の楽園で紹介されるのは、地元の食材で、清水森ナンバという野菜です。

清水森ナンバというのは、元々は京都で栽培されていた甘長とうがらしを弘前藩主の津軽為信(つがるためのぶ)が弘前に持ち帰って栽培し広めた野菜です。つまりは弘前市清水森地区を中心につくられる唐辛子のことです。ナンバとは津軽弁で唐辛子のことです。

清水森ナンバは弘前市清水森地区でナンバの栽培が盛んになり最盛期んは全国の一大産地となり有名になりましたが、昭和40年代から安価な輸入唐辛子が全国に流通し、清水森ナンバは生産量が激減しています。

この清水森ナンバは国内の唐辛子の中でも糖分が多く、ビタミンA・C・Eを豊富に含んでいます。そんな中、伝統野菜を守りぬこうとした地元有志たちが研究会をつくり、ブランド化し町おこしの一つとなっています。

クッキングスタジオBon Vue(ボンビュー)の場所とアクセスは?

クッキングスタジオBon Vue(ボンビュー)の場所は

住所:〒036-8231 青森県弘前市稔町19-16
営業時間:水曜日~金曜日が17時~22時
土曜日日曜日が12時~15時で完全予約制
定休日:月曜・火曜日
TEL:0172-31-5251

地図は

アクセスは

弘南鉄道大鰐線の弘前学院大学駅から徒歩10分のところです。

料金は

コース(3500円、5000円)ブランチ3000円です。


出典:https://goo.gl/images/TjCjTj

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です