東京浅草寺近くのビルが火事!火災原因と場所はどこ、負傷者はいるの?

Pocket

スポンサーリンク


こんにちは!こんばんは!わんわんです。
1月2日午前11時30分頃に東京の浅草寺の近くにある5階建てのビルが火事になっています。

火災の起きた場所はどこで原因はなのでしょうか?また負傷者がいるのでしょうか?

これらについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

東京の浅草寺近くで火災!火事の原因と場所は?

c1ieg2avqaanmzd
出典:pic.twitter.com/ADRno5Ch5R
1月2日ということでこの日は浅草寺に初詣にいく方が多い中で起きた火事でした。現場は騒然となりました。場所は浅草寺の雷門の近くで5階建てのビルです。東京都台東区駒形の都営浅草線浅草駅近くのビルが建ち並ぶ一角です。火元となったのは2階に住んでいた60代の男性の部屋でした。その部屋は火事により真っ黒になっていました。
また消防車が17台出動するという大掛かりな火事になりました。ちょっと前の糸魚川市の大火事があった後なので大きな火災に広がらなくてよかったです。

詳しい原因はまだ発表されていませんが、おそらく原因としては、ストーブなどの暖房器具や電機器具が熱を持って燃えやすいものに引火したかと思われます。

特に冬は寒いので火の元に注意してこういう火事の発生に注意を払わないといけません。自分だけではなくまわりにも被害を与えかねませんので。

スポンサーリンク

負傷者はいるの?

負傷者は出火原因である2階に住む60代の男性1人が救助されましたが、意識のない状態でした。しかし、全身をやけどしていて、搬送先の病院で亡くなりました。また一時3人が逃げ遅れたという情報がありましたが、のちに逃げ遅れた人はいないと確認されています。

最後に

火事が起これば、火の手が回って自分だけではなく周りにも被害を与えてしまいます。冬は寒いので暖房器具や電化製品の取り扱いには特に気をつけていかないと、糸魚川市の大火事みたいに大惨事になってしまいます。密集している建物があるところはなおさらですね。
次は我が身として火の元、電化製品の取り扱いに気をつけていこうと思うわんわんでした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください