遠藤尚(モーグル)の彼女(今田明里)はかわいい医者?実家のペンションは?

Pocket

スポンサーリンク


こんにちは!こんばんは!スポーツ大好・・・わんわんです。
平昌五輪まであと1年となりました。いよいよ平昌五輪モーグル代表選考大会を兼ねた、「スノボ&フリースタイルスキー世界選手権2017」が始まります。

男子は4名参加。遠藤尚さん、西伸幸さん、堀島行真さん、原大智さんの4名で参加します。みんなメダルを取れる選手ばかりなので楽しみです。

この「スノボ&フリースタイルスキー世界選手権2017」の現地のキャスターは元モーグル代表の上村愛子さん。解説には元モーグル代表の三浦豪太さんです。

今回はこの参加選手の中で注目を集めているは元世界ランク1位の遠藤尚選手に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

モーグルとは


出典:https://goo.gl/images/7doH2K

コブあるの急斜面を滑り降り、途中2箇所に設置されたエア台でジャンプを行う競技です。ターン、エア、スピード、それぞれを採点し合計点数の高い選手が勝者となります。得点の配分はターン60%、エアとスピードが20%ずつ。ターン点は5名のジャッジのうち最高点と最低点を除いた3名の合計。エア点は2名のジャッジの平均が得点となる。スピード点は定められた基準タイム対して加点減点。

遠藤尚選手のプロフィール


出典:https://goo.gl/images/yCbVrT

名前:遠藤尚(えんどう しょう)
生年月日:1990年7月4日(26歳)
身長:178cm
体重:70kg
出身地:福島県猪苗代町
所属:忍建設スキー部
スポンサー:スワンズ・フェニックス・リテイラー・アンダーアーマー・ハート・ヘッド・りふ接骨院・7bridge・インハビタントなどです。

モーグルを始めたきっかけは、遠藤尚選手が小学校のときにモーグルのワールドカップ見に行きました。その時にカナダのジャンリュックブラッサール選手の競技をみて、かっこいいと思ったことだそうです。それとたまたま地元でチーム募集があったため、それに応募してからモーグルをするようになりました。

遠藤尚選手の出身高校は?

遠藤尚選手の出身高校は、福島県立猪苗代高等学校です。この高校の進路は半数以上が就職するようです。部活はスキー部が強い学校です。遠藤尚選手は高校在学中には、日本ジュニア選手権で2年連続で3冠を達成していますね。高校時代から実力が抜けていましたね。

著名な卒業生はトリノパラリンピック・バンクーバーパラリンピックアルペン競技日本代表、チェアスキー選手鈴木猛さん、バンクーバーオリンピック・ソチ・オリンピックバイアスロン競技日本代表コーチの渡部恒さん、ノルディック複合選手の渡部剛弘さんがいます。

遠藤尚選手の実家のペンションは?

遠藤尚選手のご両親が経営しているペンションは「ペンション見鳥(みどり)」というようです。一時は経営難になったとの噂がありました。

出典:https://goo.gl/images/LjIY3s
場所は福島県のド真ん中での観光スポット会津若松です。猪苗代湖の北で、磐梯山の東側にあります。

ペンション見鳥のホームページには遠藤兄弟も紹介されています。

遠藤尚選手の兄弟は?


出典:https://goo.gl/images/uOYY3d
遠藤尚選手は3人兄弟の3番めです。2番目のお兄さんは遠藤尚選手と一緒にワールドカップに出場していますね。名前は遠藤夏樹さんです。1986年生まれでモーグルの元ナショナルチームでワールドカップなどの国際大会に出場し、トップアスリートとして活躍していました。

現在は、フリースキーのレッスンを行っています。個別レッスンが3万円で受けれるようです。元ナショナルチームの選手なので、指導を受けるとうまくなりそうです。

1番上のお兄ちゃんは、選手ではないみたいです。とても頭がよく、コンピューターが得意なんだそうです。

遠藤尚選手の彼女は医者の今田明里さん?

遠藤尚選手はテレビで見かけるのですが、容姿はイケメンですね。イケメンでスポーツの有名選手なら彼女はいますよね。

遠藤尚選手は、テレビのインタビューで彼女がいることを言ってました。

名前は「今田明里」さんです。

普通に読むと「いまだ あかり」さんですが、実際は「こんた あかり」と読むようです。調べてみると、2017年現在は、岩手医科大学の大学院生のようです。

その今田明里さんの一家は、両親がお医者さん、いとこもお医者さんのお医者さん一家らしいです。

姉妹もいるらしく、芸能関係の仕事をしているとの情報もありますの、今田明里さんはかわいいみたいで綺麗な方でしょうね。

遠藤尚選手のケガは?

遠藤尚選手はモーグルのトップレベルの選手なのですが、ケガに結構泣かされていますね。

2015年のアメリカユタ州でのワールドカップの予選後の練習で、転倒して腰椎圧迫骨折という全治6ヶ月の大怪我をしています。

復帰して、2016年1月のワールドカップカルガリー大会では3位に入賞しました。がそのすぐに、右肩甲骨を骨折して全治8ヶ月のケガをしてます。

一回ケガをすると半年以上かかってしまうので、試合もでれない、ブランクができるなど大変なハンディになりますね。

最後に

今回は遠藤尚選手について迫ってみました。平昌五輪まであと1年となりました。遠藤尚選手は実力があり日本のエースであります。平昌五輪では是非メダルを獲得して欲しいです。一番心配なのはケガをしないようにして本番に望んで欲しいです。今後に期待しています。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です