野村貴仁は今、現在、どうしてるの?プロフは?清原との関係は?グリーニーとは?

Pocket

野村貴仁という人物が影ながら注目されてきていますね。

どんな人なのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

野村貴仁のプロフィール

名前:野村貴仁(のむら たかひと)

生年月日:1969.1.10

出身地:高知県高知市

身長:170cm

体重:75kg

元プロ野球選手(投手)左投げ左打ち
1990年 オリックスブルーウェーブにドラフト3位で入団
1年目から先発・中継ぎ・抑えと活躍

1993年 1イニング4奪三振を記録

1995年 セットアッパーとして37試合に登板して防御率0.98という脅威の記録を残す

1996年 オリックスのリーグ優勝と日本一に貢献する

1997年 巨人の木田優夫と交換トレードで巨人へ移籍

2002年 米メジャーリーグ ブルワーズに入団

2003年 日本ハムファイターズに入団

2004年 台湾 誠泰コブラズに入団

現役引退して地元の高知県へ戻る

2006年10月31日 高知市内で薬物使用の容疑で逮捕

スポンサーリンク

野村貴仁の今、現在は?

2006年10月31日に高知市内で覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され

2006年12月26日付で懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を

言い渡されて以来、消息は不明になっています。

2014年の3月29日に巨人の清原氏の薬物使用疑惑が週刊文春で

報じられたときに、元巨人のチームメイトが野村貴仁が

「自分が仲介した」と証言していると説がありますので

この清原和博逮捕によって、どこかで登場してくるかもしれません。

野村貴仁氏と清原和博氏との関係は?
この二人が出会った年は1998年に野村貴仁氏がオリックスから

巨人に移籍してきたことがきっかけになりました。
野村氏はオリックス時代に外国人選手から薬物を勧められて

メジャーリーグ挑戦で渡米するまで使用していました。
巨人時代の清原氏は、不調や怪我に悩まされている時期でした。

プロの世界は結果をだしたナンボだし、スランプになると

精神的にきつくなる。特にスーパースターの清原氏にとっては

とても耐えられない精神状態だったのではと推測できます。
そこで野村氏が薬物を使うことを勧めていて、それから薬物を使用する

ようになったようです。
野村氏も成績が思うようにあがらず、薬物に手をだしたため

現役引退しても薬物依存になりやめられなくて、2006年に逮捕

されてしまいました。

グリーニーとは?

当時、現役時代の清原氏が野村氏に薬物の催促をしていて使用していた薬物は

グリーニーというものです。

グリーニーとは、コーヒーに溶かして服用するもので

効果は

●眠くならない

●お腹が空かない

●集中力が上がる

という効果があります。

これは覚せい剤と同じ効果です。
グリーニーが手に入らなくなって、同じような効果の

覚せい剤に手を染めたのでしょう。

薬物にたよると一時的には凌ぐことができますが、中毒になると

やめるのが大変なので使用しないのが賢明です。

特に有名人は報道地獄にあいますから・・・

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください