岡崎みかげでつくる超跳ねる水切り石!山本昌も挑戦【DASH ご当地PR課 】

Pocket

日曜日の19時といえば、鉄腕ダッシュと言われるくらいの人気長寿番組ですね。昔からおなじみのDASH村、DASH島は、超好きですね。またグリル厄介や新宿DASHなど新たな企画が立ち上がっています。

今回は、鉄腕ダッシュ内でいくつもある企画の中で、DASHご当地PR課に注目しています。2017年6月11日の放送では、愛知県岡崎市がPRされます。今回はその岡崎市に城島リーダーと山口達也さんがPRします。それではいってみましょう。

スポンサーリンク

愛知県岡崎市が鉄腕ダッシュでPR!


出典:https://goo.gl/images/wVpwNR
岡崎といえば、徳川家康公生誕の地ですね。家康公ゆかりの神社や史跡がたくさんあります。その岡崎市がどこにあたるのかわかる地図を用意しました。だいたいのイメージを掴んでもらったらいいと思います。

岡崎市は日本三大石都

岡崎市は花崗岩三大産地(日本三大石都)のひとつで石都岡崎と呼ばれています。あとの2つは、香川県の庵治町と茨城県の真壁町です。

岡崎地域に産出して加工される花崗岩は領家帯. の武節花崗岩といわれるもので細粒から中粒の花崗岩であるため、細工がしやすく石材として適しており「岡崎みかげ」と呼ばれるブランド石です。

岡崎市は、石の灯籠や仏像などの彫刻品を加工する石材店の数は日本一。ですが、住民のほとんどはそのことを知らないみたいです。目立つ商品ではないので知っている人は少ないのですね。

スポンサーリンク

岡崎みかげで作る超跳ねる水切り石

今回岡崎市を城島リーダーと山口達也さんがPRするのですが、ブランド石である「岡崎みかげ」を使って、世界一跳ねる水切り石を作るとのこと。その水切り石を使って、世界記録を狙う企画になっています。

水切りと言われてもピンとこない方もいると思いますので説明します。

水切りとは、石を水面に投げて、石が水の上をはずんで飛んでいくようにする遊びです。
よくわかる動画が有りましたので紹介します。

この動画では91回となっています。ギネスブックに載るには公式認定員の立ち合いが必要とのこと、この動画の人は残念ながら公式記録として認めてもらえないそうです。しかし、こんな水切りは初めてみました。何か気持ち悪いです。

現在の水切り世界記録はアメリカ人カートスタイナー氏が2013年9月6日に記録した88回です。その記録を破るのが今回の企画になっています。因みに上の動画は91回なので世界記録をだすには92回以上を出さないといけませんね。

水切り世界記録を狙うためのゲスト山本昌


出典:https://goo.gl/images/Y7dWf4
名前:山本 昌(やまもと まさ)
本名:山本 昌広(やまもと まさひろ)
生年月日:1965年8月11日
身長:186cm
出身:神奈川県
職業:野球解説者、野球評論家、スポーツコメンテーター
プロ入りは1983年で、ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団し、50歳まで現役を続けて、ドラゴンズ一筋で活躍しました。
愛知県のスターが水切り石で燃えています。

世界一の水切り記録を目指すには、時速100km/hと石の入水角度が重要とのこと。そこで強靭な肩が必要なので、元プロ野球選手で地元愛知県の元中日ドラゴンズの山本昌さんが水切り記録に挑戦します。TOKIOの城島リーダーや山口達也さんが投げるよりは、確実にいい記録が狙えると思います。

結果は番組の中でありますので楽しみに鉄腕ダッシュを見ようと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です