篠辺修全日空社長のプロフィールと大学や経歴は!気になる年収も

Pocket

スポンサーリンク


こんにちは、こんばんは! テレビ大好きなわんわんです。

今回のスポットは篠辺修(しのべおさむ)さんです。篠辺修って誰と思う方もいるかもしれませんね。全日空(ANA)は誰でも知っていると思いますが、なんとそこの社長さんです!!!

全日空といえば、日本の航空業界で2番手でした。それがついに旅客数と売上高であのJALを抜いて国内1位となりました。その全日空の社長である篠辺修(しのべおさむ)氏が11月10日放送の「カンブリア宮殿」に出演されます。

その篠辺修についてプロフィールや出身大学、経歴を調べてみようと思います。そして気になる年収も・・・
どんな人物なのか調べてみようと思います。

スポンサーリンク

篠辺修さんのプロフィール、大学、経歴は?

img_2f7a143650d86ebab182111699b6335318542
出典:https://goo.gl/images/J0doyU

名前: 篠辺修(しのべおさむ)

生年月日:1952年11月11日

出身地: 東京都

大学: 早稲田大学理工学部機会工学科卒業

趣味: 散歩・読書

家族: 妻と一男一女

東京都で育ち、高校は都内でもトップクラスの進学校の都立竹早高校に入学してます。さすがに頭いいですね。
この学校は有名人としては緒形拳さんや山下達郎さんが在籍していました。

篠辺修さんは理数系が得意ということで1976年に早稲田大学理工学部に入学し、その後全日本空輸株式会社に入社してます。

整備部門から始まり、企画室から2004年に執行役員、2007年には取締役、2009年には乗務取締役、2011年に専務取締役を経て、2012年に副社長に就任。

2013年に整備部門出身からは初の社長となりました。

社長になってからLCCのピーチやバニラエアを成功させて、ANA本体も国際線で大攻勢を仕掛けて、世界でもトップクラスの航空会社に育て上げました。実に素晴らしいです。そのうち世界のトヨタに並ぶかもしれませんね。

全日本(ANA)一筋40年になる篠辺修さんですが、色々なことがあったでしょうね。なんといっても40年間駆け上がってきたのですから。

スポンサーリンク

篠辺修さんの年収は?

全日空の社長の年収は、気になりますよね。

全日空は東証一部上場企業、しかも航空業界国内1位の業績の社長なので、数千万円だと思います。

はっきりとした詳細はわかりませんが、参考になるデータがありました。

役員報酬が多い500社ランキングのデータがありまして、そこで全日空の母体である「ANAホールディングス」は500社の内163位ということでした。それによると役員平均年収は5733万円という数字がでてきました。

篠辺修さんはANAホールディングスの役員と全日空の社長を兼任しているので、ズバリ!年収5000万円以上になるではないでしょうか?

うらやましいですね。

篠辺修の休日は何をしてるかというと、ジョギングやウォーキングで身体と動かし、読書や音楽鑑賞でココロをなごましているという、健康的で知的な休日を過ごしているのですね。

私の上場企業の社長さんのイメージは、取引会社の社長さんとのゴルフ・コンペや会食をしているということでしたのでびっくりしました。

まとめ

上場企業の社長さんになるには、それ相当の努力と運とタイミングがないとなれないと思います。
伊達に全日空一筋40年間上り詰めてきたんだなぁと思いました。

ここで篠辺修さんの名言を紹介しておしまいとしましょう。

・人間関係は複雑なことも多いだろうが、技術の世界では、複雑に見えても単純なことをひとつひとつ解決すれば道は拓ける

・複雑な話をしている時はじつは迷っていることが多い。迷うから複雑なことを言う。明快だったら、それはこういう理由だときっぱり言える

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください