真木よう子が週刊現代グラビアに!ガリガリな理由と成形顔が劣化を調査

Pocket

スポンサーリンク


真木よう子さんが2017年7月31日発売の週刊現代で水着姿を解禁しています。真木よう子さんというと美しくてスタイルがよくて、バストがデカイとイメージしています。

そんな真木よう子さんが痩せたと話題になっていますね。美人の方が痩せたや太った、劣化したなどといったことは話題になりやすいです。

今回はそんな真木よう子さんが

  • 週刊現代のグラビアに載ったこと
  • ガリガリの理由
  • 成形顔が劣化

について調べていこうと思います。

スポンサーリンク

真木よう子さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/QNUkVn
名前:真木よう子(まき ようこ)
生年月日:1982年10月15日
年齢:34歳(2017年8月現在)
出身地:千葉県印西市
身長:160cm
血液型:A型
所属事務所:フライングボックス

真木よう子さんは中学校を卒業後の1998年に俳優養成事務「無名塾」に入塾します。「無名塾」は応募者1000人の中から5人しか合格しないというところです。なので無名塾に入塾できたことはすごいですね。

2006年には映画「ゆれる」に出演して第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞しています。2008年11月10日には元俳優の片山玲雄さんと結婚して女の子を2009年5月10日に産んでいます。

2015年の9月には離婚しています。

真木よう子さんが週刊現代グラビアに載った理由は?

真木よう子さんは過去にはグラビアによく登場していました。年齢を重ねるにつれてグラビアに載る回数も減っていきまいしたね。

今回週刊現代のグラビアに載った内容は、タイトルが「豊満ビキニ」となっています。彼女の水着姿のグラビアは8ページで7カットの写真が載っています。ファンにとっては待望の水着画像が堪能できます。

今までスタイルがよく、バストがデカイとのことでカップサイズを非公開にしてましたが、ドラマ「セシルのもくろみ」での役柄で、ネット上でバストが「垂れた」と噂になりました。それに対するコメントでカップサイズを公表しています。

カップサイズは

Fカップです。

やはりデカイ!!

今回週刊現代のグラビアに載った理由は、写真集の発売かと思いましたが、

2年ぶりのドラマ主演を記念して特別に撮り下したグラビアとのことです。

スポンサーリンク

真木よう子さんがガリガリな理由は?

真木よう子さんを調べてみるとネット上でガリガリな理由が話題となっていました。この話題について調べてみると

2017年7月13日から始まったテレビドラマ「セシルのもくろみ」の番組宣伝に放送された「ホンマでっかTV」に真木よう子さんが出演してときに、ガリガリに激やせしていたことに対して心配の声がたくさんあったようです。

真木よう子さんは「セシルのもくろみ」では普通の主婦が一流のトップモデルになるという内容なので、ダイエットを始めるところから始まるので役作りのために激やせしたのですね。

なので真木よう子さんがガリガリになった理由はモデル体型にするという役作りでの肉体改造だったようです。


出典:https://goo.gl/images/zZGRWB

真木よう子さんの成形顔が劣化した?

今話題になっている真木よう子さんですが、成形顔が劣化した!?と噂されています。

真木よう子さんは整形していると言われていますが、中学の卒アルと現在の写真を比べると、別人です。

中学時代は一重まぶたでしたが、今はきれいに二重まぶたになっています。また鼻の形も鼻筋が通っていて鼻も高くなっています。

テレビで画像をみるなどしますが、成形した顔が劣化しても、芸能人なのですぐに修正してきれいになるので、劣化はしないと思います。

芸能人はキレイに顔を整えておかないと魅力がなくなるので整形はありだと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です