柏原竜二(山の神)は引退したのはなぜ?現在は富士通でアメフト選手?

Pocket


箱根駅伝と言えば、冬のイベントの1つですね。その箱根駅伝では「山の神」がいつも話題になります。その「山の神」で有名だった柏原竜二さんが「消えた天才 ★日本に衝撃を与えた外国人SP★」に出演しますね。

柏原竜二さんは現在はマラソンを引退しています。山の神からマラソンの神になると思っていました。そんな柏原竜二さんがマラソンを引退したのはなぜか、その理由と現在は富士通で働いていてアメフトをしてる?について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

柏原竜二さんが引退したのはなぜ?理由は?


出典:https://goo.gl/images/7Nu1bU

柏原竜二さんは東洋大学時代に箱根駅伝で5区を4年連続で区間賞を獲得している、ものすごい山の神でした。超人的な走りで超有名人になりましたね。

東洋大学卒業後は富士通に入社し、陸上部で活躍していましたが、2017年の4月に現役を引退してます。

柏原竜二さんが引退した理由は、「けが」です。スポーツ選手にとって一番の敵ですね。いくら才能があってもケガすれば力が発揮できないですもんね。

柏原竜二さんのケガというのは、彼は長年アキレス腱を痛めていたとのこと。それをカバーしていたため、違う場所に負担がかかり、ケガが多発していたようです。

4年連続5区区間賞の山の神がマラソン界の神になれなかったのは惜しいです。競走馬でのそうですが、速い馬は脚元に悩まされるのと同じですね。ケガはアスリートにとって最大の敵ですね。

そう思うと大リーガーのイチロー選手はケガしないので、まさに神だと思います。

柏原竜二さんの現在は富士通で何の仕事をしているの?

柏原竜二さんは、富士通の陸上部の特別枠で入社したと思います。なので陸上部を引退すれば、富士通を退社になるのかなと思いましたが、退社せずに富士通の社員として働いています。さすがビッグネームの富士通です。

現在は何の仕事をしているのでしょうか?

柏原竜二さんが所属している部署は、「行政システム事業本部第一ソリューションビジネス統括部第二ビジネス部」という部署で仕事されています。

仕事内容は、地方自治体向けのシステムを提供してそれをサポートしている仕事です。システムエンジニアのような仕事ですね。

陸上という過酷なスポーツでがんばってきた柏原竜二さんならどんな仕事でも活躍できるでしょうね。

スポンサーリンク

柏原竜二さんはアメフトをしてるの?

柏原竜二さんは現在アメリカンフットボールをしているというのを聞きましたが、聞き間違いでアメフトのマネージャーをしているとテレビで放送されていました。

そのチームは、富士通のアメリカンフットボール部の「富士通フロンティアーズ」です。そこのマネジャーになったのはそのチームのゼネラルマネージャーからお誘いがあったとのこと。

陸上部ではなく、アメフトのマネージャーに声をかけられるとは、柏原竜二さんに人として素晴らしい魅力があったのでしょうね。

富士通ではシステムのサポート。アメリカンフットボールではマネージャーとしてチームのサポート。これからは、山の神ではなく、サポートの神として活躍していくのでしょうね。

最後に

今回、箱根駅伝で山の神として有名になった柏原竜二さんについて調べてみました。トップアスリートにとって「ケガ」は隣り合わせです。ケガをしないことが競技を長く続けれるし、偉大な記録を作れるのだと思います。

柏原竜二さんは、陸上競技では引退してしまったので、活躍する姿をみることはできないですが、箱根駅伝での山の神としてずっと語り継がれるでしょうね。

また、これからのサポートする人生で活躍してください。これからも応援していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です