野口茂樹はスライダーで落合に死球禍!嫁の不妊治療と現在は?

Pocket

こんにちは!こんばんは!テレビ大好き・・・わんわんです。

今週はTBSテレビで11月18日(金)に爆報!THEフライデー」という番組があるのですが、この番組は芸能界やスポーツ界で輝いた有名人の現在を紹介しています。今回登場するのは「球界のエースN」という???の人物です。

この人物は元プロ野球選手でピッチャーで中日ドラゴンズを優勝に導いた野口茂樹さんではないかと言われてますね。

野口茂樹は、今は野球選手を引退してますが、経歴やプロフィールはどうなっていて現在は何をしているのでしょうか?

またプロ野球選手時代、スライダーが得意で巨人の落合選手に死球して落合選手の引退を早めたといわれれいます。本当はどうなのでしょうか?

また、妻が不妊治療してるという話がありますが、今回これらを調べてみようと思います。

スポンサーリンク

野口茂樹さんは落合選手に死球を!

imgres
出典:https://goo.gl/images/BKA7Io

野口茂樹投手はどちらかと言うとあまりコントロールのよいピッチャーではなかったのですが、得意のスライダーで三振をバンバン取っていましたね。

1996年から成績がよくなってきた野口茂樹投手は8月11日の巨人戦でノーヒット・ノーランを達成して勢いがでてきた。その数週間後の8月31日にナゴヤ球場の巨人戦で落合選手にわざと死球を当てて骨折させました。
この時の映像がこちらです。
⬇⬇⬇⬇

このデッドボールで落合選手の選手寿命を縮め引退を早めたと言われています。
また、これは世間ではわざと当てたと!しかもつい先日ノーヒット・ノーランを達成した投手がこんな失投はしないとの評価を受けてます。

落合選手は当時のことこう言ってます。

「ちょうどいい場面だよな。
俺の前に松井が凡退して、あとは俺に打たれなきゃいいわけだから、ぶつけにくることもあるなと想定して打席に入ったんだよ。だから心持ち後ろに立ったんだ。
でも、まさか本当に当たるとは思っていなかった。
もうちょっと慎重になっていれば良かったな、と後で思った。そうすればぶつかっていなかった」
「打ちにいったんじゃないよ。
打ちにいって(多少でも踏み込んで)いたら、頭か顔に当たっているんだ。~~中略~~(頭に当たって)蝶々が飛ぶより、指を1本折る方がずっとましでしょ」(『不敗人生~43歳からの挑戦』124頁)

野口茂樹投手は中日ドラゴンズ時代にゴールデングラブ賞や月間MVPなど大活躍してますので、わざと落合選手に死球を当てたのでしょうね。

野口茂樹さんの妻の不妊治療して子供は?

野口茂樹さんは2009年に結婚しています。妻の名前は野口直美さんで保育士をしているとのこと。ちょうど読売巨人軍を退団してから1年後ですね。出会ったのは巨人軍で現役でやっている時で、野口茂樹さんが身体の故障などで困っていた時の頃だそうです。野口茂樹さんのココロの支えになったそうです。

野口直美さんは結婚後ずっと不妊治療をしていたようでしたが、そのかいあってか、無事に子供さんが生まれたようです。よかったですね。名前は彩葉ちゃんで生後1ヶ月みたいです。

スポンサーリンク

野口茂樹さんの現在は?

2014年の2月から石黒体育施設株式会社に正社員として働いています。
今までは野球一筋でしたので、ほとんど触ったことのないパソコンを使ったりと最初は苦労したようですが、、正社員として働いてるので安定していると本人もやりがいを感じているようです。

石黒体育施設というように体育・スポーツに関われるので野口茂樹さんにとっていい環境なんだろうなと思います。

まとめ

野口茂樹さんの野球選手時代のスライダーがすごかったことや巨人軍の落合選手にわざと死球を与えたこと。妻の不妊治療のことについて書かせていただきました。

プロ野球選手として栄光の時もあれば、どん底のときもある。また出会いがあって新しい命がうまれる。第二の人生として体育施設で正社員としてやりがいをもって働くということは素晴らしいです。

人生山あり谷あり、生きていてそれが面白いのかもしれませんね。と思ったわんわんでした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です