リチャード・ノリス顔面移植した人生奇跡の回復!手術後の画像あり【世界仰天ニュース】

Pocket

こんにちは!こんばんは!テレビ大好き・・・わんわんです。
2017年1月4日(水)に日本テレビ系で「ザ・世界仰天ニュース」の「お笑い&感動盛り沢山!!新春!仰天4時間祭り」で事故により顔の半分を失ってしまた男性が命がけの顔面移植手術により奇跡てきに回復したエピソードの話が放送されました。

その当事者はリチャードノリスさんです。1997年、当時22歳の時にショットガンの実弾が顔面にあたり、ほほ、鼻、口、や骨を貫通して、顔の半分を失う大事故を起こしています。

それから影に隠れて生きる生活をしてきたリチャードノリスさんですが、2012年に脳死した人の顔を移植して新たな人生をあゆみだしました。

そんな大変な生活をしてきたリチャードノリスさんに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

顔面移植手術をしたリチャードノリス 顔面を失った原因

リチャード・ノリスさんはアメリカのバージニア州ヒルズビルで育っています。そこでお酒に酔って母親と口論になり撃つつもりがなくて持ち出したショットガンを傾けて動かそうとした時にショットガンが暴発して顔の下側を直撃しました。命は助かったのですが、鼻、あご、唇、歯をほとんど失いました。そして顔面はめちゃくちゃになってしまいました。

鼻から下の部分がなくなったので食事、会話、匂うことができなくなりました。それから10年間は人目を避けるようにして生活していきました。

その時の写真がこれです↓

出典:https://goo.gl/images/rtrteJ

その後も整形手術をしたりしますが、治すことはできなかったみたいですね。かわいいそすぎます。

顔面移植手術をしたリチャードノリス 移植へ

顔面がなくなる事後後は、顔が醜くなったため、両親とともにバージニア州の山奥で住むようになりました。外出時にはマスクをしたりして出来るだけ人目を避けながら生きていました。

そこで、メリーランド大学の病院から脳死した患者がいるので、顔面移植をしてみてはとの誘いがきました。顔面手術は成功率は50%ということで、仮に成功しても、拒絶反応や後遺症が残るかもしれないとのこと。

リチャード・ノリスさんは、今の状態を変えたい希望が強かったため手術をすることになります。

顔面移植をするドナーの相手は21歳の不幸な事故で他界されたジョショアという男性で、顔からほほ、歯、舌を移植残りの部分は余った皮膚から糸でつなぐという大変な移植手術を行いました。手術は36時間もかかり成功し、舌を動かしたり、目を開閉することが出来るようになりました。


出典:https://goo.gl/images/67Q529

顔面移植後は、顔の形が完全に戻っています。医療技術は素晴らしいです。

これでリチャード・ノリスさんは顔を隠して生活することなくなったようです。

スポンサーリンク

顔面移植手術をしたリチャードノリス 移植後

しかし問題は、拒絶反応がいつ起こるのかわからないということで、拒絶反応が出ないように抑制する薬を一生飲み続けなければなりません。

顔面移植手術をしたリチャードノリス 現在

顔面移植手術を受けて拒絶反応と向き合って生きているリチャード・ノリスさん。
現在の顔です。↓

出典:https://goo.gl/images/S1TiVD

顔面移植手術を受けて5年経ちますが、現在はどんな生活をしているのでしょうか?

気になったと思いますが、仕事では社会復帰を果たし、プレイベートでは趣味のゴルフや釣りなどの体を動かしたりしています。

TV番組に出演したり、メンズファッション雑誌「GQ」に出たりしているようです。

最後に

今回はリチャード・ノリスさんの顔面移植手術が成功したことを取り上げました。とはいっても必ず手術しても成功するとは限りません。しかし、世の中には、紛争や事故などで顔を損傷して悩んでいる人がたくさんいると思います。
今回の例はそういう方の希望になるのではないかと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です