ドン小西の現在とファッションブランドは?娘もデザイナー!

Pocket

スポンサーリンク


こんにちは!こんばんは!テレビ大好き・・・わんわんです。
テレビ朝日の反面教師バラエティーの「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の1月23日(月)放送分が3時間スペシャルとなります。それにファッションデザイナーであるドン小西さんが出演しますね。

ドン小西さんと言えば、水玉模様がすきで色の魔術師と言われていました。元々はお金持ちの家に生まれていて60億円あった資産がなくなり、15億円の借金をつくってしまっています。その時の失敗談をしくじり先生でお話してくれるそうです。

今回はそんなドン小西さんの現在やファッションブランドのこと、娘のことについて迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドン小西さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/1KOLqw
本名:小西良幸(こにし よしゆき)
生年月日:1950年10月9日(66歳)
身長:168cm
出身地:三重県津市
学歴:文化服装学院
職業:ファッションデザイナー

ドン小西さんの父はお医者さんで、母は呉服屋さんをしていたという。つまりはドン小西さんはお金持ちの家庭で育ったお坊ちゃんだったのですね。その後大学受験で芝浦工大を受けたのですが、カンニングをして不合格になったと言われてます。明星大学理工学部は受かって進学しています。

ドン小西さんの経歴とファッションデザイナーへ

父親が医者だったので医者になるのが自然ですが、医者にならず、母親が呉服屋をしていたことが影響して服が好きでした。それでデザイナーを目指して代々木にある文化服装学院でファッションの勉強をしました。

文化服装学院を卒業してからアパレルメーカー「GRASS」に勤務します。

1981年の31歳の時に独立して「d.k.f – Produced by Don Konishi」、「FICCE」、「YOSHIYUKI KONISHI」という3つのブランドを立ち上げています。

30代で3つのブランドを立ち上げるとは普通ではありえないですね。しかもこの時期は男性のファッションは地味だったのを、カラフルにして当たり、しかもバブルの時期と重なり収入は数億円になったようです。そして60億円の資産を築いたそうです。

ドン小西さん負債15億円へ!

バブルが崩壊しと同時にファッション業界も衰退していき、持っていたゴルフ会員権も値崩れし、フェラーリも家も自分のブランドもすべて失ったようです。そして資産がなくなり逆に負債15億円ができてしまったようです。

借金はつくっても自己破産はしないで借金を9年で返しています。これはすごいですね。しかもいまでは7億円の豪邸に住んでいるみたいです。

スポンサーリンク

ドン小西さんの現在は

ドン小西さんは借金を作った時に、離婚していますので独身ですね。しかも本人は婚活中だと宣言しているようです。借金も返して裕福な生活も戻ってきたようです。

ドン小西さんの娘もデザイナーでブランド


出典:https://goo.gl/images/VtxtUY
ドン小西さんには娘さんがいます。塚本里佳(つかもと りか)さんです。子は親をみているので、ブランドを立ち上げていますね。ベビー服ブランドビジュー&ビー女の子用とビー&ボーという男の子用のブランドです。

ドン小西さんは、ビー&ボーのデザイン担当をしています。娘さんに雇われている形だとか。またビー&ボーの意味は「ハンサム」という意味です。

親子でデザイナー、ブランドを立ち上げるとは、ファッションブランドのために生まれてきたのでしょうね。

最後に

ドン小西さんはお金持ちの家庭に育ったお坊ちゃんでしたが、大成功したり、地獄をみたりしていて、結構波乱万丈な人生を送っていますね。どん底から這い上がった姿はすごすぎると思いました。ドン小西さんも66歳ですが、あのカラフルの服装は相変わらずで気になりますね。

しくじり先生では、自分を過信しすぎた人間がどんな末路を辿るのか。を授業してくれるので楽しみしてます。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください