三宅純の神編曲君が代!CM王の経歴と結婚と嫁・娘が気になる

Pocket

こんにちは!こんばんは!テレビ大好き・・・わんわんです。
今回はあのリオオリンピックの君が代の編曲が神だったと話題になった作曲家の三宅純(みやけじゅん)さんが1月29日の情熱大陸に出演されますね。

世界的に有名になった君が代アレンジャーの三宅純さんは今までCM音楽を3000曲以上手がけてきたそうです。そんな三宅純さんの経歴や結婚や嫁・娘などについて迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

三宅純さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/kokYA7
名前:三宅純(みやけ じゅん)
生年月日:1985年1月7日(59歳)
出身地:京都府で生まれて神奈川県の鎌倉市で育っています。
職業は作曲家で音楽プロデューサーです。

三宅純さんの学生時代の経歴

小学校6年生の時に友達の家でジャズミュージシャンのチャーリー・パーカーとマイルス・デイヴィスの曲を聴いて音楽への道へ進みたいというきっかけになったそうです。そこでジャズ音楽に興味を持ってトランペット奏者を目指して独学で練習してました。

高校生のときにライブ活動を始めています。その後トランペッターの日野皓正(ひのてるまさ)さんに会いに行き話を聞いてもらい、日野皓正さんの推薦でアメリカのマサチューセッツ州のボストンにあるバークリー音楽大学へ進学しています。

大学在学中にはグループを結成してニューヨークやボストンで活躍して、ジャズコンクールで優勝するなどの実績を上げています。

三宅純さんの音楽家として経歴

大学を卒業した1981年に帰国してジャズでの活動を本格的に始めています。1983年にはファーストアルバム「JUNE NIGHT LOVE」でデビューしてます。

そのデビューアルバムの中の曲がアメリカの芸術家のアンディ・ウォーホルさんが出演したTDKのCMに使われて話題になり、それをきっかけにしてCM曲を作るようになっています。その数がまたすごく3000作品以上あるとのことです。

三宅純さんはCM曲だけではなく、映画やドキュメンタリー、ダンス、劇などジャンルにこだわらない音楽をつくり、また世界各国の著名なアーティストに曲を提供したりして、世界的に活躍して評価されています。

2005年から拠点をフランスのパリに変えて音楽活動しています。その後欧米で数々の賞を獲得して有名作曲家としてたくさんの映画音楽の作曲などに起用されていますね。

スポンサーリンク

三宅純さんは結婚してるの?嫁と娘は?

三宅純さんが結婚しているとか奥さん・嫁とかの情報はほとんどありません。が、娘さんがいるということなので結婚はしていたようですね。娘さんは三宅純さんが父子家庭として育てているので、嫁さんとは離婚しているようです。娘さんとは高校卒業するまでは日本で生活していたみたいで、その後にパリに渡って活動しています。娘さんさんはシーナ・三宅さんという噂もありますが、今はまだ断定できませんね。

君が代のアレンジが海外で話題に

昨年、2016年8月にリオオリンピックがありましたね。ものすごく盛り上がったのですが、その閉会式にリオから東京への五輪旗の引き継ぎセレモニーの頭で披露された「君が代」に注目が集まりました。「君が代」のメロディーがいつものではなく独特なアレンジをされたものでした。この君が代を聞いた人からは日本だけではなく海外からも素晴らしい、鳥肌がたった、感動したなどの声が上がっています。

最後に

三宅純さんがCM王だということがわかりました3000曲以上も作っているにびっくりしました。リオでの君が代アレンジした曲も素晴らしいかったです。次回開催の東京でもなにか楽曲を披露してくれるのか楽しみですね。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です