時天空元小結の間垣親方が現在悪性リンパ腫で闘病したが死去!

Pocket

こんにちは!こんばんは!ニュース大好き・・・わんわんです。
大相撲の力士であった元小結の時天空関が死去していたと、現在報道されています。

モンゴル出身で日本に帰化している力士で、当時の最強横綱である朝青龍に勝つなど活躍していましたね。引退後間垣親方を襲名していました。

時天空さんは以前から悪性リンパ腫を患っていて闘病中でしたが、2017年1月31日に亡くなりました。

そんな時天空さんについて今回は迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

時天空さんとは?


出典:https://goo.gl/images/NWNE1f
名前:時天空慶晃(ときてんくう よしあき)
本名:アルタンガダシーン・フチットバータル
出身地:モンゴル・ウランバートル
生年月日:1979年9月10日(37歳)
血液型:A型
部屋:時津風部屋
初土俵:2002年7月場所
戦績:548勝545敗56休
優勝:十両優勝2回

時天空さんの経歴

モンゴル相撲の小結であった父親の子供として生まれています。

子供の頃は、ウランバートルの柔道クラブで、後の強い横綱朝青龍と練習をしていたようです。それからモンゴル国立農業大学に進学して、スポーツ交流留学生として東京農業大学に転入し、相撲部に入り学生相撲選手権で優勝しています。

大学に在学中に時津風部屋に入門して稽古に励み、三役に昇進してからは横綱朝青龍を倒すなど大活躍しています。2014年には日本国籍取得しています。

2015年には右肋骨を骨折して休場してます。また、悪性リンパ腫を患い闘病生活を送ります。2016年8月25日に時天空さんは現役を引退して年寄・間垣を襲名しています。

スポンサーリンク

時天空さんが現在までなっていた悪性リンパ腫はいつから

時天空さんが悪性リンパ腫になったのいつからかというと、2015年に骨折で全休したときから、すでに体内にあったみたいです。

時津風さんがスポーツ新聞各社の時天空さんのが悪性リンパ腫にかかっているのを発表したときには、すでに、病状は悪かったようです。

3ヶ月間入院して抗がん剤治療をして、腫瘍は小さくなったのですが、休場が多かったため番付をかなり落としていました。

時天空さんは悪性リンパ腫を治して、再度土俵にあがることを考えていました。

時天空さんの悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫とは何でしょうか?簡単に説明すると、血液のガンですね。悪性リンパ腫は、血液中を流れるリンパ球が異常に増加して発病します。リンパ球が増えることで首や脇の下にあるリンパ節が腫れたり、しこりができたりします。

時天空さんの嫁はいるのか?

時天空さんは37歳という若さで亡くなられたのですが、結婚はしてたのでしょうか?相撲取りの方は結婚が早い方が多いのですが、親方までなっているので嫁さんがいると思っていましたが、調べてみると結婚していないようです。なので子供もいないようです。

なので、独身のままで復帰を試みていたのかもしれませんね。

最後に

時天空さんが37歳という若さで亡くなりました。結婚して嫁さんを娶ることなく生涯を終わってしましたね。

通夜と葬式の予定は決まっているようです。通夜が2月2日のPM17時に、告別式は2月7日の午前11時半に行われるようです。場所は東京都墨田区の回向院念仏堂で行われるようです。

時天空さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です