KUNOICHI(くのいち)女性版サスケTBS2017の出演者と結果は?

Pocket

こんにちは!こんばんは!スポーツ大好き・・・わんわんです。
不定期に放送されているTBSのスポーツバラエティー番組「SASUKE(サスケ)」は見出したらずっと見てしまうほど、ハラハラ・ドキドキする番組ですね。体力自慢の大人たちが超むずかしいアスレチックスコースなどに挑戦しますね。成功するように手に汗をかいてしまいますね。

出典:https://goo.gl/images/EC7fSg
その女性版SASUKE(サスケ)が2017年2月12日(日)にTBS系列で放送されます。名前は「KUNOICHI(くのいち)」です。過去8回放送されていますが、8回目が視聴率が悪くて取りやめになっていました。今回8年ぶりに復活ということで話題になってます。今回はこの「KUNOICHI(くのいち)」の出場者やステージの概要について調べていきます。

スポンサーリンク

KUNOICHI(くのいち)とは?

KUNOICHI(くのいち)は女性版SASUKE(サスケ)として2001年12月に第1回大会が放送され、2009年の第8回大会まで不定期で放送されています。
KUNOICHI(くのいち)は女性限定で年齢制限が小さく小学生も出場したことがあります。

チャレンジステージもSASUKE(サスケ)に登場したものに加え、女性ならでひのしなやかさやバランス感覚が必要なステージもあります。SASUKE(サスケ)同様、ステージに挑む姿はハラハラ・ドキドキの連続です。

KUNOICHI(くのいち)の出場者は?

KUNOICHI(くのいち)には、スポーツ海、芸能界、一般の方から体力に自身に自信のある体力自慢のたくましい女性が50名(2名欠場)が各ステージに挑戦します。出場選手は

  • 01/黒木優子(ボクシング)
  • 02/今野杏南(グラビアタレント)
  • 03/藤原佳穂理(社交ダンス)
  • 04/荒川結(幼稚園教諭)
  • 05/MYW(ブレイクダンス)
  • 06/渡辺けあき(ボウリング)
  • 07/堀江銀河(鍼灸師)
  • 08/星川有菜(スポーツショップ店員)
  • 09/川北彩加(カラオケ店バイト)
  • 10/六角彩子(野球)
  • 11/二村春香(SKE48)
  • 12/才木玲佳(筋肉アイドル)
  • 13/欠場
  • 14/いとうまゆ(NHK「おかあさんといっしょ」4代目ダンスのおねえさん)
  • 15/岡戸日向葵(エアリアルパフォーマー)
  • 16/竹元景子(経済産業省)
  • 17/欠場
  • 18/高橋ユウ(ファッションモデル)
  • 19/田岡なつみ(サーフィン)
  • 20/澤山瑠奈(フィギュアスケーター)
  • 21/鈴木千代(ビーチバレー)
  • 22/上田亜樹(サーフィン)
  • 23/片岡安祐美(野球)
  • 24/佐藤望(東洋大学陸上部)
  • 25/岡部紗季子(元体操選手)
  • 26/赤井沙希(プロレスラー・モデル)
  • 27/岸明日香(グラビアアイドル)
  • 28/きゃさりん先生(あやまんJAPANユース)
  • 29/城向麻矢(パフォーマー)
  • 30/西谷綾子(タレント)
  • 31/加藤えりか(造園業)
  • 32/鴨志田麻衣(タッチラグビー日本代表候補)
  • 33/馬原美穂(元モトクロス)
  • 34/坂井絢香(ポールダンス)
  • 35/加藤優(野球)
  • 36/山地まり(タレント)
  • 37/Narumi(アクロバットパフォーマー)
  • 38/朝比奈彩(モデル)
  • 39/渡邉美香(主婦)
  • 40/亀井麻未(チアリーダー)
  • 41/稲村亜美(神スイング)
  • 42/泉ひかり(パルクール)
  • 43/渡辺華奈(柔道)
  • 44/陳竹音(スタントウーマン)
  • 45/大嶋あやの(日本女子体育大学)
  • 46/青山あみ(タレント
  • 47/RENA(シュートボクシング)
  • 48/川端友紀(野球)
  • 49/坪井保菜美(元新体操選手)
  • 50/水野裕子(元祖筋肉アイドル)

KUNOICHI(くのいち)2017のステージは?

今回のKUNOICHI(くのいち)2017のステージはRED、BLUE,FINALの3つのステージに分かれています。

REDステージでは、ローリングヒル、パイプホールド、フィッシュボーン、エックスブリッジ、ジャンプハング、そり立つ壁、キャノンボールといったものが参加者を待ち受けています。

BLUEステージでは、スライドウォーク、スパイダーウォーク、スラントエッジ、リバースコンベア、スポンジブリッジ、クリフハンガー、ウェーバーブリッジトといったスピードとパワーとバランス感覚が試されるステージです。

FINALステージでは、左右はしご8mを登り、最後は綱登り7mが待っています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です