井上浩輝(キタキツネ写真家)プロフと経歴は?結婚や年収は?【情熱大陸】

Pocket

こんにちは!こんばんは!テレビ大好き・・・わんわんです。
2017年2月16日(日)の情熱大陸にキタキツネ写真家の井上浩輝さんが密着されますね。井上浩輝さんは日本人初!『ナショナルジオグラフィック」2016フォトコンテストネイチャー部門1位の写真家になりました。すごい人なのですね。

そんな井上浩輝さんはどんな人なのか、経歴、結婚、年収、写真展などについて迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上浩輝さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/WzD9U7
名前:井上浩輝(いのうえ ひろき)
生年月日:1979年 (39歳)
出身地:北海道札幌市
学歴:札幌南高等学校⇒新潟大学法学部卒業
職業:写真家

北海道札幌市に1979年に4人兄弟の長男として誕生してます。医者を目指していましたが、医学部受験に失敗しています。路線変更して弁護士になるために新潟大学法学部に進みます。しかし、弁護士の道も挫折します。井上浩輝さんは難しいところを攻めますね。わんわんも法曹界に行こうと思いましたが、すぐに諦めました。

それからは、33歳の頃から写真を始めたそうです。そしてネイチャーフォトグラファーとして地元の北海道でキタキツネを主とした動物たちの写真を取り始めたようです。

その数々の写真がSNSで人気になり、たくさんの人を感動させたみたいです。好きなことにのめり込むといつの間にかこんなことが起きてしまうのでしょうね。

井上浩輝さんの「ナショジオ」でフォトコンテストネイチャー部門1位

「ナショジオ」とはナショナルジオグラフィックのことです。それは世界180ヶ国以上で850万人の定期購読者がいるアメリカの歴史ある自然科学雑誌です。1888年に刊行され地球上の冒険と発見を伝える雑誌です。その雑誌のネイチャー部門1位になっています。これは日本人初の快挙ですね。海外180ヶ国以上の人に知られているんですね。

これがその作品です。

出典:https://goo.gl/images/BSMYJx
空が淡いピンク色で雪原を二頭のキツネが走る・・・幻想的な場面ですね。

井上浩輝さんは結婚してるの?

井上浩輝さんは笑い顔が特徴的ですね。そんな井上浩輝は結婚しているのか気になりましたので調べてみました。

嫁さんはまだいないようです。写真に没頭し過ぎて嫁さんよりキタキツネの方が好きだったのでしょうね。

ナショジオのフォトコンテストのネイチャー部門で1位取れたのも結婚して家庭を作らなかったから取れた賞だったのかもしれませんね。

自分の好きなことをやれる人生が一番ですかね。

スポンサーリンク

井上浩輝さんの年収は?

一般的な写真家やフリーのカメラマンの年収はピンからキリまであるのですが、だいたい200万~8000万円と言われてます。平均年収はというと400~800万円が相場みたいです。

井上浩輝さんは2016年ナショジオのフォトコンテストネイチャー部門1位入選で話題になっていますので収入が急激にアップするでしょうね。

実績が出て評価が上がると写真展に来客が増え、トークショーのイベントに呼ばれ、写真教室も声がかかるでしょうね。世界レベルの実籍があれば、すごいでしょうね。

井上浩輝さんの写真展は?

井上浩輝さんの写真展は開かれているのかなと調べてみると、もうすでに開かれていました。場所は北海道東川町のカフェ「ロースターコースター(Roaster Coaster)です。2017年2月4日から開いているそうなので、近くに寄ったさいには行ってみてはいかがですか。

東京でも2015年と2016年には開催してたみたいですので、東京開催もたぶんあるでしょうね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です