山下穂尊(いきものがかり)が美女お持ち帰りでフライデーされる【女性問題】

Pocket

スポンサーリンク


こんにちは!こんばんは!ニュース大好き・・・わんわんです。
現在放牧活動休止中のいきものがかりで、ギターとハーモニーを担当している山下穂尊(やましたほたか)さんが美女お持ち帰りしたところをフライデーされました。

山下穂尊さんは以前から女性問題は話題になっていましたが、今回美女2人のお持ち帰りのスキャンダルをフライデーが逃しませんでした。

そんな山下穂尊さんについて今回は迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

山下穂尊(やましたほたか)さんプロフィール


出典:https://goo.gl/images/jA48Vz
名前:山下穂尊(やました ほたか)
生年月日:1982年8月27日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県厚木市
所属グループ:いきものがかり
担当楽器:ギター・ハーモニカ
最終学歴:法政大学社会学部卒業

穂尊という字を読めなかったです。名前の読みは難しいですね。この穂尊(ほたか)の名前の由来は、穂尊岳、武尊山から来ているようです。よく名前をほそんと読み間違えられるそうです。

音楽を始めたのは小学校3年生からピアノを習い、中学校の時に塾の先生からギターを習ったのがきっかけです。同じいきものがかりの永野良樹さんとは高校までは同じ学校でしたが、同じクラスになったのは小学校1年と中学校1年の2年間だけで、高校に入るまではあまり知らなかったようです。

高校に入ってからはお互いの距離が縮まり、一緒に帰る仲になりました。そこからいきものがかりが始まったと言われています。

山下穂尊さんは、いきものがかりでは、作詞作曲はカップリング曲やアルバム収録曲を担当しています。

好きなことは読書とお酒で、移動時や待ち時間には本を読んで過ごし、お酒を飲むと機嫌がよくなるみたいです。

いきものがかりの結成は?


出典:https://goo.gl/images/qwAbAb

いきものがかりの結成は、ゆずにハマっていた山下穂尊さんが水野良樹さんを誘って結成したようです。

ユニット名の由来がと手もユニークです。小学校1年の時に同じクラスで、金魚の世話をする「生き物係」一緒にしていたのでそこから名付けられたようです。「生き物係」そのままというところが面白く感じました。

その後同級生の紹介で1歳下の吉岡聖恵さんがいきものがかりの路上ライブに飛び入り参加したことで加入して3人のユニットになったようです。

活動場所は神奈川県厚木市や海老名市という地元を拠点にライブハウスなどの活動をやって成功させています。

2006年3月15日に「SAKURA」でメジャーデビューをしています。その「SAKURA」はCMソングに使われブレイクのきっかけになっています。

スポンサーリンク

山下穂尊さんの女性問題とは?

山下穂尊さんは以前から女性問題が絶えないです。モデルや女優やCAや看護師など色々な女性に対しての女遊びが止まらないようです。

これにはいきものがかりのメンバーも呆れているようです。山下穂尊さんは女性との女遊びの記録した日記をつけていて、1000人の記録が残っているとの噂があります。

山下穂尊さんがお持ち帰りした美女2人は?

今回山下穂尊さんがフライデーされた美女2人お持ち帰りの画像と美女2人の名前を調べてみました。有力情報は見つかりませんでした。おそらくこの美女2人は美人芸能人か、美人の一般女性かはわかりません。女遊びが好きな山下穂尊さんがいきものがかり放牧中に、自由にやりすぎたのでしょうね。

詳細や新しいことがわかれば、追記していきたいと思います。

最後に

山下穂尊さんはたしかにいきものがかりではモテ担当だと思います。それにしても女遊び好きにもほどほどにしていた方がよかったですね。しかも今はいきものがかりは放牧中ですので。山下穂尊さんは羽を伸ばしすぎかもしれませんね。詳しいことはフライデーの記事に載っていると思いますのでを早くみたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください