高岡早紀のモンスターのメイクが話題!週刊現代袋とじでヌーディーな画像が!

Pocket

スポンサーリンク


11月25日に映画「最低。」が公開されますね。原作はAV女優の紗倉まなさんでメインキャストが明らかになりました。2017年8月7日に週刊現代の袋とじでゴージャス裸身を掲載されて話題になった高岡早紀さんが、追加キャストとして女子高生の母親・孝子役で出演しますね。

高岡早紀さんは今だに映画「モンスター」の特殊メイクと濡れ場が話題になっています。今回はその特殊メイクで話題になったモンスターのことや週刊現代でのヌーディー姿について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

高岡早紀さんのプロフィール


出典:https://goo.gl/images/ADa8Bc
名前:高岡早紀(たかおか さき)
本名:高岡 佐紀子(たかおか さきこ)
生年月日:1972年12月3日
年齢:43歳(2017年8月現在)
身長:163cm
出身地:神奈川県藤沢市
血液型:A型
職業:女優
配偶者:保坂尚希
所属事務所:ケイダッシュ

高岡早紀さんのヌーディーな経歴は?

高岡早紀さんが芸能界デビューしたのは、雑誌「セブンティーン」のモデルでした。それと同時にアイドル歌手として「真夜中のサブリナ」でデビューし、クラッシックバレエで鍛えたスタイルのよさとかわいい笑顔で人気を集めていたとのこと。

22歳のときに「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で初裸身を披露しています。抜群にかわいい時期のヌーディーな姿と演技力で、日本アカデミー賞などの7つの主演女優賞を獲得しています。

その後の映画やドラマで活躍し、さらに写真集も発売すると47万部の売上を記録しています。このころからヌーディーな姿と演技力でトップ女優になってます。

高岡早紀さんのカップサイズやスリーサイズは?

高岡早紀さんは週刊誌などでグラビアを飾っていて、美しいヌーディーなスタイルは評判でした。今回の週刊現代の袋とじにしても素晴らしいヌーディーなスタイルを披露しています。

気になる高岡早紀さんのスリーサイズ

バスト 87cm
ウエスト 60cm
ヒップ 90cm

もっと気になるカップサイズは、公表されてはいませんが、ネット上の噂によると

Gカップ?!
Fカップ?!

だと推測されます。

スポンサーリンク

高岡早紀主演映画「モンスター」とは?

このモンスターは2013年に公開されいます。この映画は百田直樹さんの原作の小説「モンスター」。

内容は、子供の頃から醜い容姿で家族から化物扱いされていた田渕和子(高岡早紀)が高校生の時の出来事がきっかけで、上京し、風俗で整形費用を稼ぎ整形手術をして別人になる。そして故郷に帰ってからのストーリーが展開していく話です。高岡早紀さんの濡れ場シーンも30分ほどあり、そちらでも話題になっています。

高岡早紀さんの特殊メイクとは?

映画モンスターでは、超ブサイクの役の設定でした。その特殊メイクがこれです。


出典:https://goo.gl/images/CiTkgE

出典:https://goo.gl/images/Ceyi4x

これには原作者も驚いて近づくこともしなかったというほどの素晴らしい出来栄えのメイクでした。主演の高岡早紀さんも体当たりでこの役を演じている。演技力の高さはピカイチですね。

映画では、このあと整形して美人になって帰郷し、もう一つの見所、高岡早紀さんの濡れ場です。これは相当過激なシーンとのこと。

灯台にしけ込み魚網の上で幼じみ役の加藤雅也さんと月明かりが差し込む中全裸で絡みあうシーンですね。これは開始1時間30分頃に登場します。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です