台風13号2016のたまごの最新の進路を米軍とヨーロッパが予想!

Pocket

スポンサーリンク


yjimage
2016年の台風は北海道や東北地方で多大な被害をもたらしていますね。

今年は台風が少ないなぁと思いきや、来たら大きな被害を与えてます。

しかも被害が大きなこと!普段あまり台風が来ないところなので

台風にやられた感じですね。
被害に遭われた地域の、1日も早い復旧を願います。
今までの台風は沖縄を通って、九州・四国を通るルートがほとんど

でしたが、関東・東北を通り、北海道に上陸する台風が目立っています。

日本に住んでいる限り台風とは付き合っていかないと

いけないけど、被害はほどほどにして欲しいですね。
台風12号はコンパクトと強い台風と言われてましたが、

九州地方にはそんなに被害はもたらしませんでした。

よかったです。
それもつかの間、早くも台風13号のたまごが生まれたという

情報があります。
米軍とヨーロッパの最新予報がありましたので紹介します。

スポンサーリンク

台風のたまごは何?

「台風のたまご」とは何でしょうか?

あまり聞くことがない言葉だと思いますね。
台風の発展段階は
たまご ⇒ 発生期 ⇒ 発達期 ⇒ 最盛期 ⇒ 衰弱期
と分けられます。
台風のたまごは、台風になる前の熱帯低気圧のことを指します。

熱帯低気圧とは、海面の水温が高い赤道付近の海の上で、上昇気流で

発生する積乱雲の集合体のものです。
この熱帯低気圧の風速が17m/sを超えると発生期になり

台風と呼ばれます。

台風13号のたまご、ヨーロッパ中期予報センターで予想!

本格的な台風シーズンの9月に入り、台風13号のたまごの

発生がヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)で予想されています。


出典:ヨーロッパ中期予報センター

少しわかりずらいかもしれませんが、

9/5の予想図で沖縄南方海上に台風のたまごを見れますね。
9/6は沖縄の東側を北上し

9/7は本州の南方海上に

9/8は関東を直撃

9/9に太平洋へ抜ける

ルートを予想してます。
関東地方には9/7~9/8の間が台風の最盛期を迎えますので

要注意が必要ですね。

スポンサーリンク

最新の米軍の予想

米軍の最新の情報では台風13号はまだ熱帯低気圧です。

レベル的には「LOW」なのですぐに台風になるかはわかりません。

ちなみに米軍の予報は熱帯低気圧から台風へ24時間以内に

発展する可能性を「LOW」「MEDIUM]「HIGH]の3段階に分けています。

TY15W (NAMTHEUN)が台風13号です。

引用:JTWC

まとめ&考察

秋は行楽シーズンになりますので、ハイキングやスポーツ・

紅葉めぐりなどを楽しむかと思います。

しかし、私たちが住む日本は、秋になると台風がきます。

これは避けて通れません。うまく台風と付き合いながら

警戒しながら対策していかないといけませんね。
今年の台風は進路が変わっていると思いますので

引き続き十分注意しておくことが必要ですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください